リストマニア ノルマン征服と英国貴族 ウェリントン公爵

ウェリントン公爵
Duke of Wellington

現公爵は九代アーサー・チャールズ・ヴァレリアン・ウェルズリー。従属称号としてウェリントン侯爵、ドゥロ侯爵、モーニントン伯爵、ウェルズリー子爵、ウェリントン子爵、ドゥロ男爵、モーニントン男爵を有する。

また英国以外でワーテルロー大公(ネーデルランド連合王国、現在はオランダとベルギーに分離)、シウダ・ロゴリゴ公爵(スペイン王国)、ヴィトリア公爵、トレス・ヴェドレス侯爵、ヴィメイロ伯爵(ポルトガル王国)の爵位を有する。

1814年初代ウェリントン侯爵アーサー・ウェルズリーにより創設。初代公爵は英国の軍事指導者で首相を二度務めた。
1815年ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルとともにワーテルローにおいてナポレオン軍に決定的な勝利を納める。

ウェルズリー家の父系の先祖はグレートブリテン・アイルランドの両国で裕福な地主であった。初代モーニントン伯爵となったギャレットは政治家・音楽家として名声を得る。
初代公爵の長兄リチャードはモーニントン伯爵を継ぎウェルズリー侯爵に叙爵されたが、嫡出子がなかったためモーニントン伯爵位は次兄ウィリアムが継承、その孫で五代伯爵となったウィリアム・リチャード・アーサーは独身のまま死去したため、ウェリントン公爵の家系がモーニントン伯爵を継承した。

初代公爵の弟ヘンリーは外交官となり、カウリー男爵に叙爵された。この家系は後にカウリー伯爵を叙爵され、現在に続いている。

スポンサードリンク