リストマニア ノルマン征服と英国貴族 ロクスバラ公爵

ロクスバラ公爵
Duke of Roxburghe

現公爵は十代ガイ・デヴィッド・イネス-カー。従属称号としてボウモント・セスフォード侯爵、ロクスバラ伯爵、ケルソー伯爵、イネス伯爵、ブロックスマス子爵、ロクスバラ卿、セスフォード・キャヴァータンのカー卿を有する。

1707年スコットランドの国務長官としてイングランドとの連合を担当した五代ロクスバラ伯爵ジョン・カーにより創設された。 授爵状継承条件は初代ロクスバラ伯爵の直系限嗣相続人となっている(つまりロクスバラ伯爵の継承者が公爵位も継承できることになり、他の多くの公爵位よりも継承権者の範囲が広くなる)

四代公爵の死去にあたり継承権を証明できるものが誰もいなかったため1805年から1812年まで爵位は保留されていた。

初代伯の直系継承者が絶えており、また二代伯の女子継承者は貴族院により拒否されたため、(継承権者が一本化されたことにより)1812年六代イニス准男爵ジェームズ・イニス-カーが公爵位を継承した。

ロクスバラ公爵は本来イニス氏族の氏族長(Clan Chief)の家系だが姓としてイニス-カーを名乗っているため氏族長として認められていない。

八代公爵ヘンリー・ジョン・イネス-カーは軍人として第一次世界大戦に従軍し戦傷を負った。のち1903/11/10、ニューヨークの不動産王オグデン・ゴレットの娘マリー・ゴレットと結婚し、九代公爵となる一人息子を授かった。彼の義理の妹は女優のホセ・コリンズである(弟の妻)。

スポンサードリンク