リストマニア ノルマン征服と英国貴族 ノーサンバーランド公爵

ノーサンバーランド公爵
Duke of Northumberland

現公爵は十二代ラルフ・ジョージ・アルジャーノン・パーシー。従属称号としてノーサンバーランド伯爵、パーシー伯爵、ビバリー伯爵、パーシー男爵、ワークワース男爵、ラベーヌ卿、スタンウィック准男爵を有する。

第一期創設(1551/10/11~1553/8/22)

1551年初代ウォリック伯ジョン・ダドリーにより創設。息子の妻ジェーン・グレイを王位に就けたがヘンリー八世の娘メアリー(一世)は議会と民衆の支持を得て権力を掌握し、公爵は逮捕され反逆罪で処刑された。

第二期創設(1683/4/6~1716/7/3)

1683年チャールズ二世の非嫡出子初代ノーサンバーランド伯ジョージ・フィッツロイにより創設。1716年継嗣なく公爵の死去により断絶。

第三期創設(1766/10/22~現存)

1766年第二代ノーサンバーランド伯ヒュー・パーシーにより創設。妻の母が歴史あるパーシー家の血筋であり(家名存続のため)ノーサンバーランド伯継承にあたり旧姓スミソンより改姓。

スポンサードリンク