リストマニア ノルマン征服と英国貴族 ハミルトン公爵

ハミルトン公爵
Duke of Hamilton

現公爵は十六代アレクサンダー・ダグラス・ダグラス-ハミルトン。十三代カウンティ・オブ・サフォークのブランドン公爵を兼ね、従属称号としてダグラス侯爵、クライズデール侯爵、アンガス伯爵、ラナーク伯爵、アラン・ケンブリッジ伯爵、アバネシー・ジェドバラフォレスト卿、マカンシャイア・ポルモント卿、アベン・インナーデール卿、カウンティ・オブ・チェスターのダットン男爵を有する。

スコットランド貴族中(王の長子が保持するロスシー公爵位を除いて現存する)最古の公爵位であり、またその爵位の保持者はスコットランド貴族の最上位者ならびにハミルトン家・ダグラス家の家長でもある。

1643年ハミルトン侯爵の子で三十年戦争・清教徒革命期の重要な政治家・軍事指導者三代ハミルトン侯爵ジェームズ・ハミルトンにより創設。初代公爵はメアリー王女の子孫であり、ウェールズ大公ヘンリー・フレドリックの死後ロスシー公チャールズ(のちのチャールズ一世)とその妹エリザベス王女に次ぐ第三位王位継承権者であった。

初代公爵は1648年のプレストンの戦いで捕虜となり1649年に処刑された。 弟のウィリアム・ハミルトンが公爵位を継承したが1651年ウースターの戦いでの戦傷により死亡。爵位は特別継承条件により姪のアンが承継した。

三代公爵夫人アンは1656年初代ダグラス侯爵ウィリアム・ダグラスの子で初代セルカーク伯ウィリアム・ダグラスと結婚。 1660年三代公爵夫人アンの請願により夫ウィリアムに一代貴族としてのハミルトン公爵位が与えられ、1660年姓をダグラス-ハミルトンへ改姓した。

1698年に三代公爵夫人は長子ジェームズに爵位を譲った。四代公爵ジェームズは1707年連合法審議における反連合法党の指導者だった。1711年四代公爵はカウンテイ・オブ・サフォークのブランドン公爵位、カウンティ・オブ・チェスターのダットン男爵位の叙爵を受けたがその爵位名によるグレート・ブリテン議会への召喚状は不当に拒絶された(貴族代表議員として議席を有し続けていたけれども)。

1761年七代公爵ジェームズ(二歳で父の死により爵位を継承)は遠い従兄弟の死によりダグラス公爵位を継承した。七代公爵は1769年に十四歳で死去し爵位は弟が継いだ。

八代公爵が継承者なく死去すると爵位は叔父で六代公爵の弟アーチボルトにより継承され、十二代公爵ウィリアムのとき”ハミルトン ダグラス”へ改姓した。十二代公爵が継承者なく死去し、四代公爵の玄孫であるアルフレッドが継承したがこの家系は”ダグラス-ハミルトン”を姓としていた。
ハミルトン公爵位の授爵状における特別継承条件の内容:

  1. 受爵者の直系男子承継者
  2. 受爵者の兄弟および受爵者の兄弟の直系男子承継者
  3. 受爵者の最年長女子とその直系男子承継者
  4. 上記以外受爵者に最も近しい承継者

スポンサードリンク