リストマニア ノルマン征服と英国貴族 ベドフォード公爵

ベドフォード公爵
Duke of Bedford

現公爵は十五代アルドルー・イアン・ヘンリー・ラッセル、従属称号としてタヴィストック侯爵、ベドフォード伯爵、チェイニーのラッセル男爵、カウンティ・オブ・ノーサンプトンのソーンホーのラッセル男爵、カウンティ・オブ・サリーのストリータムのホーランド男爵を有する。

第一期創設(1414/5/16~1433)

1414年ヘンリー四世の第四子ジョン・オブ・ランカスターにより一代限りの称号として創設したが、1433年一旦返上。

第二期創設(1433再叙爵~1435/9/14)

1433年一旦返上された爵位について継承条件を変更(標準的なthe heirs male of his body直系男子相続)してジョン・オブ・ランカスターを再叙爵。1435年継承者なく公爵が死去し断絶。

第三期創設(1470/1/5~1478没収)

1470年”キングメーカー”第十六代ウォリック伯リチャード・ネヴィルの甥でノーサンバーランド伯ジョン・ネヴィルの子ジョージ・ネヴィルにより創設された。1478年の議員立法により爵位を没収された。

第四期創設(1478~1479)

1478年エドワード四世の第三子ジョージ・プランタジネットにより創設されるが翌年夭折し、断絶。

第五期創設(1485/10/27~1495/12/21)

1485年ヘンリー六世の異父弟でヘンリー七世の叔父であるペンブローク伯ジャスパー・チューダーにより創設。ランカスター派であったため、1461~1485のヨーク派の台頭の中で称号を剥奪された。のちに甥ヘンリー七世の即位にあたり伯爵位を再叙爵・公爵位の再叙爵が行われた。しかし、継承者を残さずに死去したため1495年に爵位は断絶した。

第六期創設(1694/5/11~現存)

ウィリアム・ラッセル初代公爵 1551年ヘンリー八世・エドワード六世の側近で王璽尚書・海軍卿を務めたラッセル男爵ジョン・ラッセルが初代ベドフォード伯爵に叙爵される。

ジョンはオーストリア大公フィリップと妃ジョアンナが難破してウェイマスに漂着した際、これをロンドンの王宮に護送した。夫妻はラッセルを賞賛し、ヘンリー七世がラッセルを取り立てることとなった。次代のヘンリー八世はラッセルを軍人・外交官として重用し、その功績により1522/7/2に騎士として叙任した。その後もジョンは長く国王に仕え、上述の通りベドフォード伯爵に叙爵された。

1694年名誉革命の最中、第五代ベドフォード伯ウィリアム・ラッセルによりベドフォード公爵位創設。同年タヴィストック侯爵位も創設し、翌年にはホーランド男爵位も創設。

スポンサードリンク