リストマニア ノルマン征服と英国貴族 アーガイル公爵

アーガイル公爵
Duke of Argyll

現公爵は十三代(六代)トーキル・イアン・キャンベル。現在「アーガイル公爵」は1701年創設と1892年創設の二つの爵位が併存している状態である。

従属称号としてキンタイア・ローン侯爵、アーガイル伯爵、キャンベル・コウォール伯爵、ロッコウ・グレニーレ子爵、キャンベル卿、ローン卿、キンタイア卿、インヴァレリー・モール・ムーヴァー・ティリ卿、ハメルドンのハミルトン男爵、サンドリッジ男爵、ランディ准男爵を有する。

キャンベル氏族の氏族長を世襲する。 1701年十代アーガイル伯アーチボルド・キャンベルにより創設。

1719年二代公爵ジョン・キャンベルはグリニッジ公爵に叙爵されたが男子継承者がなくグリニッジ公爵位は断絶。アーガイル公爵位は弟のアーチボルトが継承。

1892年自由党所属の政治家・閣僚、王璽尚書を務めた八代公爵ジョージ・キャンベルは新たに連合王公貴族としてのアーガイル公爵位を叙爵された。(同名の爵位を重複して保持する状態となった)

以下、世襲の役職:

スポンサードリンク